五山送り火 時間はいつからいつまで? - イベントランキング

五山送り火 時間はいつからいつまで?

五山送り火 時間はいつからいつまで?

京都五山送り火は
毎年8月16日に京都市内で行われる伝統行事で、
祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つです。

祇園祭は京都に夏の訪れを告げる祭りですが、
五山送り火は京都に夏の終わりを告げる行事と言えます。

長崎の"精霊流し"など
送り盆の有名な行事は全国にあるけれど
京都の「五山送り火」も、
全国的に有名な行事となっています。

毎年お盆に行われる京都の伝統行事で、
京都を囲む5つの山にそれぞれ
「 大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に
火をともすというものです。




五山送り火 時間はいつからいつまで?





五山送り火が行われるのは、
毎年8月16日、時間は午後8時から。

五山送り火は一斉に点火されるわけではなく、
一文字ずつ順番に点火が行われます。

点火時間

【大文字】 20:00〜

【妙 法】 20:05〜

【船 形】 20:10〜

【左大文字】20:15〜

【鳥居形】 20:20〜

一文字ずつ5分間隔で点火されます。

いつからいつまで点火されるのか気になりますが、
どの文字も20〜30分ほどで消えるため、
21時前には全ての火が消えてしまいます。

そのため、全体的には
20時から21時までの
1時間ほどの開催となります。

その日の風の強さなどによって
時間が若干前後することもあるそうです。


ちなみに、江戸時代後期には
「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、
「竹の先に鈴」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、
「長刀」(観音寺村)などの字形もあり、
元々は「十山」だったといわれています。

ただ、途中で途絶えてしまったそうで、
今は五山のみとなっています。

五山送り火はテレビでも生中継が行われるので、
京都まで行けない方も
自宅で楽しむことができますよ!


関西の花火大会おすすめランキング


関西の花火大会 8月の日程






タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © イベントランキング All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。